FC2ブログ

普通の人がトライアスロンアイアンマン(約226㎞)完走を目指す!

高校以降は運動部ではなく、時々マラソンなどの大会に出るがフルマラソンを余裕で5時間かけてしまう、普通のおっさんがトライアスロンアイアンマン(約226㎞)完走を目指します(^^)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読むのは「電子書籍」か「紙媒体」のどちらが良いか考察してみた

Amazonを利用されている方で、書籍を購入される方はたくさんいらっしゃるかと思います。
その際、いざ目的の書籍を見つけ出し、いざ購入するぞ!
と購入先を選択する際、形式にて、紙媒体(単行本、文庫など)もしくは電子書籍(kindle)で迷われたことはありませんか??
そうでなくても、電子書籍なんて別に興味ないし!と思われた方も是非本記事をご参照頂いた上で今後の読書方法についてご一行頂けたら幸いです(^^)
※この文章からお分かり頂けるかと思いますが、筆者は基本的には電子書籍寄りの考えです
○紙媒体
メリット
・幼少期から触れてきた形式である
なんだかんだ言って、本といえば慣れ親しんできたのは絵本、教科書、参考書、基本的には紙媒体での本であったかと思います。
今後もやはり本を読む場合は慣れ親しんだ紙媒体の方が…と感じるのへ自然なことかと思います
・中古が存在することで安い
電子書籍には中古という概念は存在しません一方で紙媒体には中古という存在が当然ありますので、その本の状態に応じて、中古本の中でも安いもの、高いものが存在します。
特に中古で安くてもその本の中身さえ担保できていれば十分と考えておる方がいらっしゃれば、内容が担保されている安い中古本を購入すれば、それだけでほぼ新品に近い電子書籍より安価に読書を楽しむことができます
デメリット
・劣化する
当然、紙媒体でこの世に存在するか限り本は劣化します。(内容は価値観にもよるかと思いますが、基本的に劣化しません)
・本自体に体積がそれぞれ存在するため、持ち運び、保管にかさばる
書籍があることで読書欲が掻き立てられるという方もいらっしゃいますが、やはり保管スペースは少ないほうが良いですよね・・・
○電子媒体
メリット
・タブレットだけでなく、パソコン、スマホでも閲覧できる
これは想像以上にメリットです。特にタブレットだけでなく、スマホでも気になったときにいつでもどこでも読書の続きをできるのは電子媒体ならではかと思います!
・スマホ、タブレット(モノによりますが…)だと片手で閲覧できる
例えば通勤中や片手に荷物を持っているときなどの時間がある際には紙媒体ではなかなか読書はできませんが、
片手で持てるタブレットやスマホは片手でページも捲れるため、比較的読書ができますので、隙間時間をより有効に活用できます
・暗い場所でも閲覧できる
本を読みたくてもその場所が暗かったり、良い雰囲気だが、やはりその場所が暗いと読書はなかなか難しいですが、電子媒体だと画面自体が発光しているため、問題なく本を読むことができます
・店で購入しなくとも、電子媒体を扱っている書籍だとすぐに購入、閲覧できる
なにか気になる本や雑誌があった場合でも、本屋で気になった場合は別ですが、そうでない場合は本屋にわざわざ行くか、注文することで短くとも1日はかかるかと思います。しかし電子媒体で購入可能な書籍なら、5分もしないうちに購入が完了し読むことができるという大きなメリットがあります!
デメリット
・中古本が存在しないため新品に近い価格である
特に発売して少し月日がたった書籍やあまり人気がない書籍は、中古では半額以下の価格で購入することができますが、
電子書籍の場合は新品ほどとはいきませんが、それに近い価格で購入することになってしまいます。
逆に発売してそこまで時間がたっていない書籍が電子書籍化されている場合は新品よりも安い価格で購入できるというメリットもあります
・紙媒体独自の肌触りや構成などはやはり電子書籍とは感覚が違う
どうしても書籍は実際に触ったり、ラインを引いたり(電子書籍でも画面の中でラインは引けますが)できないため、読んだ気がしないという方もいらっしゃるかと思います。特に勉強目的の参考書などはその傾向が強いかもしれません。
・立ち見できる書籍はレパートリー、ページ数ともに限定的
本を購入する際はやはり中身を立ち読みし、ある程度納得した状態で購入したいですが、電子書籍の場合は立ち見に対応していないと立ち見はできません。加えて立ち見ができても閲覧できる内容は当然限定的です。
総評
電子媒体か紙媒体か迷ったら電子媒体をお勧めします(特にタブレット、ノートパソコンを持たれている方)
上記のメリット、デメリット、筆者の体験を交えても総合的に電子書籍での購入をお勧めします。
特に比較的新しい書籍は電子媒体がオススメですが、逆に中古でもいいという方、古く安いもので良いと考えている方は紙媒体での購入をお勧めします。
皆様の本を購入される際のご参考になれば幸いです(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

真明 隆一

Author:真明 隆一
こちらのブログに足を運んでいただきありがとうございます。
真明 隆一と申します。
現在31歳(H30.4現在)の男です。普通に働き、嫁さん1人と子供3人いますので、
仕事と家庭(主に嫁さんが頑張ってくれていますが・・・笑)を両立しながらアイアンマン トライアスロン完走を目指します。
ちなみにこちらを目標とした理由は、「アイアンマン完走したんだ」と言う自分を想像するとかっこ良さそうだと思ったからです(^_^;)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

家電&カメラ (1)
未分類 (18)
考察 (1)
ヒルクライム (4)
トライアスロン (17)
スポーツ関連トピック (4)
トレーニング (1)
晩酌 (0)
マラソン (4)
家族 (1)
ロードバイク (0)

スポンサーリンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

プライバシーポリシー

個人情報の保護について

「http://shinmei-ryuichi.com/」(以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。

個人情報の収集について

利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者の氏名やメールアドレスなどの個人情報の開示をお願いする事があります。しかし、利用者の個人情報を利用者の許可なく、当サイトから第三者へ開示・共有する事はありません。

広告の配信について

当サイトはGoogle及びGoogleのパートナーウェブサイト(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトを含めた過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。 DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。 お客様はGoogleアカウントの広告設定ページで、パーソナライズ広告の掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info にアクセスして頂き、パーソナライズ広告の掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。 その他、Googleの広告における、Cookieの取り扱いについての詳細は、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

ウェブサーバの記録

当サイトのウェブサーバは、利用者のコンピュータのIPアドレスを自動的に収集・記録しますが、これらは利用者個人を特定するものではありません。利用者が自ら個人情報を開示しない限り、利用者は匿名のままで、当サイトを自由に閲覧する事ができます。

免責事項

利用者は、当サイトを閲覧し、その内容を参照した事によって何かしらの損害を被った場合でも、当サイト管理者は責任を負いません。また、当サイトからリンクされた、当サイト以外のウェブサイトの内容やサービスに関して、当サイトの個人情報の保護についての諸条件は適用されません。 当サイト以外のウェブサイトの内容及び、個人情報の保護に関しても、当サイト管理者は責任を負いません。

FC2Ad

まとめ

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。